DRM:ダイレクト・レスポンス・マーケティングで必須のスキル / マーケティング初心者のインターネット集客入門

ダイレクト・レスポンス・マーケティングDRMで必須のスキル

【DRMを学ぶスタンダード教材】 ネットビジネス大百科

DRMではインターネットを使いこなすスキルが重要

DRM:ダイレクト・レスポンス・マーケティングは、顧客と直接関わるマーケティングです。顧客と直接関わるために必須ともいえるインフラといえば、インターネットです。つまりDRMを使いこなすにはインターネットのスキルが必須といえます。

具体的には以下のことが求められます。

  • ホームページ作成スキル
  • ネット広告のスキル
  • コピーライティングのスキル

ホームページ作成スキル

DRMはインターネットで顧客とつながる以上、ホームページは欠かせません。外注する場合は作成することができなくてもよいのですが、多少は自分で修正ができるほうがよいし、指示を出すためにもある程度の知識は必要です。

メールなどの場合は必要ないと思うかもしれませんが、メールアドレスを取得するオプトインページ(ランディングページ)などは必要になりますので、このスキルは必ず必要です。

ネット広告のスキル

ネット広告にもいろいろと種類がありますが、一番早くて費用対効果が高いのがヤフーリスティング広告やGoogleアドワーズ広告をはじめとするPPC広告です。

他にもバナー広告や純広告(サイト所有者と直接広告出稿をしてもらう)などいろいろな方法があります。

コピーライティングのスキル

DRMではインターネットを使って主に文章を使って顧客とコミュニケーションをとっていきます。また広告の文章などもこのコピーライティングのスキルがあるほど成約率の高い広告が作れるため費用対効果が高くなります

DRMを学ぶ教材

本を読むのが苦手な方はネットビジネス大百科という教材も非常に良い教材です。

大企業ではなく個人としてDRMを実践して大きな売上を上げ、その手法を教えて多くのマーケッターを排出し続けている木坂宣健氏、和佐大輔氏による音声とテキストの教材です。今ではDRMはネットビジネスのスタンダード的な手法となり、かなりレベルの高い人も出てきましたが、その多くの方はこのネットビジネス大百科でDRMを基礎から学び、ネットビジネス大百科で語られていることを実践してきたという方が多いです。

高額な教材なのでどのようなコンテンツが提供されるかという質が気になるかと思いますが、書籍と違って立ち読みをすることができません。

そこで、ネットビジネス大百科の和佐氏が提供する無料のコンテンツを読んで聴いてみるとよいと思います。

最先端のマーケティング技術とその生かし方
会員制ビジネスで毎月安定した数百万円の収益を稼ぐ方法
売れるコピーライティングの極意
17歳で1億円稼いだ男の本当の秘密
高額商品をネットだけで大量に販売する方法