マーケティングで重要なこと / マーケティング初心者のインターネット集客入門

マーケティングで重要なこと

【無料プレゼント】 最先端のマーケティング技術とその生かし方

マーケティング、コピーライティング、集客、リサーチ、いろいろあるけど、結局どれが大事なの?

マーケティング初心者の方はいろいろな情報に触れるとこのような疑問を持つ方も多いようです。

結論から言うとこれは「どれが大事」ではなく、「どれも大事」です。

全体の調和。どれも欠けてはいけないものです。

かけ算だと考えて下さい。弱いところがあれば他の足を引っ張るし、ゼロが1つあれば全てがゼロになってしまいます。

どれも大事、どれも欠けてはいけないということを理解したうえで、まず何をすればいいかと言うと、リサーチです。

リサーチの重要性

リサーチ、つまりまず相手を理解することが一番です。

相手を理解していれば、何に悩んでいて何を求めているかがわかるので、いいコピーも書けます。いいコピーも書けるし、どんなところに見込み客がいるかがわかるので、集客もしやすいですよね。リサーチによって相手を理解しているからです。

例えばコピーライティングに関していうと、コピーのプロが「見込み客のことを何も知らずに書くコピー」と、コピーを書いたことがない人が「徹底的にリサーチして書いたコピー」では、おそらく後者のほうが反応がとれると思います。

コピーがうまい人というのは、テクニックではなく見込み客の心理を理解しているんです。いろんな分野のコピーが書ける人というのは、人間の根本の欲求や不安、心理を理解しているから、その経験や知識をもとに新しい分野に応用していけるんです。それは、過去に徹底的にリサーチした経験からの場合がほとんど。

決してテクニックだけでいいコピーを書いているわけではありません。テクニックだけのコピーは反応が取れません。あれもこれもやってあのテクニックも使ってるのに、何で?となるのは、「人間」を理解せずテクニックだけ使っているコピーです。

マーケティングトップへ戻る