1万円の副収入の意味 / マーケティング初心者のインターネット集客入門

1万円の副収入の意味

【無料プレゼント】 最先端のマーケティング技術とその生かし方

マーケティングを最近学び始めた人の多くは、マーケティングの知識とインターネットで副収入を稼ごうという方が多いですね。そんなとき、「まずは1万円の副収入を得ましょう」というアドバイスをしますが、多くの方は難色を示します。あなたは「1万円の副収入」と言われてどう思いますか?

初心者がいきなり月100万の副収入を目指してもなかなかできるものではありません(できないことはないですが、行動量や経験などが必要で、確率的にできない人のほうが圧倒的に多いということです)。

できない目標を立ててもモチベーションがわかないので、まずは「月1万」を目標にすることを提案します。すると、多くの人は難色を示します。

「給料20万円だから一万円じゃ大したことないかな」

なんて思っているようですね。そこまでではなくても、あまり大きな価値を見出していない方は多いです。

「1万円でももちろん欲しいけど、まあ給料の20分の1だよね」

くらいではないでしょうか。そんな風に思っている方は少し考えてみて下さい。

今の生活で、自由に使えるお金はいくらですか?

家賃や光熱費、食費など必要なお金全てを支払ったあとの残りのお金、それが自由なお金です。

副収入が1万円増えるってことは、その部分が増えるということですよ。

奥さんが家計を管理しているお小遣い制のサラリーマンなら、新しい銀行口座を作ってそこを受取口座にしてしまえばわかりません(笑)。旦那さんに内緒の口座でへそくりを貯めることもできます。

収入が安定してきたら教えてあげればいいじゃないですか。収入が増えて喜ばない人はいないと思います。

マーケティングトップへ戻る